Daily Archives: 火曜日, 3月 27, 2018

  • ウォータークレンジングでメイクを落とす

    お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響で色素の沈着が生じることが要因となり、シミができると、実際の年齢以上に老けている悪印象を感じさせてしまいます。その上、顔に出てしまうとものすごく気になってしまうのですが、シミ予防は、毎日、お肌の手入れをすることで可能ですし、シミができてしまっても、消す方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)があります。バランスのとれた食事はかならず必要です。

    特に青汁は身体に必要な栄養を摂取が可能なため効果が肌へも期待されます。

    日常の食生活を改善すると同時に適度に体を動かし代謝を促すように半身浴や化粧品は肌にあったものを使うなど美はま指しく一日にしてならずであると感じられます。

    繊細な肌の人は、ダブル洗顔不要のウォータークレンジングなどでメイクを落とすと、余分な油分が残らずに済みますし、キリッとします。もし、ダブル洗顔希望の場合には、ぬるま湯を軽くかける程度にしましょう。敏感肌は、肌の状況が変化しやすいので、その変化に臨機応変に応対していくことが大切でしょう。

    洗顔を終えたばかりの10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。お風呂やシャワーを使った後やしっかり洗顔を終えた直後の肌は、乾ききった砂漠のような状態だと考えてちょーだい。短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、大切な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもい幾らいです。

    顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてちょーだい。基礎化粧品はお肌のためにそのままおつけいただくものですので、その効果も持ちろん重要なのですが、素材にもこだわって選びたいものです。お肌にダメージを与えないためにも、成分や原材料をよく見て、変な物質の入っていない商品、出来ましたらオーガニック素材の製品を選びたいですね。私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉の時節が近づいてくると、肌が敏感になり肌荒れを起こしてしまいます。

    ですから、その時期にメイクをするとより悪化するので、ナチュラルメイクで過ごすようにしています。せめてアイメイクだけでも行いたいと思うのですが、肌がとっても敏感になっているため、目の周囲が余計に痒くなり、とても出来はしないのです。

    女性の喫煙者の数は、男性にくらべると減りが鈍いそうです。

    肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管の働きが良いからです。しかし喫煙により毛細血管が収縮すると代謝が悪くなった結果、多様な肌トラブルが出てきます。表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。その能力が落ちると真皮にダメージが届きやすく、フェイスラインがくずれて、シワが隠しきれなくなってきます。

    美容と健康のために、タバコは絶対に避けるべきでしょう。

    紫外線はシワの原因となるので、外へ出る際は日焼け止め用のクリームを塗ったり、日傘を指して紫外線から肌を守るなどきちんと紫外線対策を行っておきましょう。そして、紫外線を多く浴びた時には、できるなら、ビタミンCの入った美容液等を使って肌手入れをしてちょーだい。きちんとスキンケアをおこなうことで、シワを防止することが出来ます。

    表面の脂分が汚れをくっつけたり吹き出物と変化することも多いです。

    こんな肌トラブルを繰り返してしまうと、シワやシミ、たるみを引き起こしてしまいます。肌トラブルの対策としてもっとも重要なのは洗顔です。たくさんの泡で丁寧な洗顔を念頭に置きましょう。

    ただし、一日に何回もの洗顔は、む知ろ肌を傷めてしまいます。吹き出物が発生すると潰してしまうことが多いです。

    結果、跡が残るから潰すな、というのが常識的な意見です。できるだけ早く治すには、吹き出物専用の薬が最も効果的だと思います。

    潰した吹き出物跡も治ります。顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、吹き出物箇所だけに薬を使用します。