Daily Archives: 土曜日, 8月 26, 2017

  • 本人にも自覚できる兆候はある

    アンチエイジングでよくあげられるのが「ポリフェノール」でしょう。なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。

    活性酸素を抑制し、シミ防止にもなりますし、気持ちをブルーにさせていたシミを目たたなくしてくれます。喜ばしいばかりの結果をもたらしてくれる強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。

    45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。夜遊びしていないのに疲労を翌日に引っ張って、口元がさがってきたり、フェイスラインがくずれたりして肌の「疲れ」が目立ってくるころだと思うのです。

    若いときなら疲労が顔に出ていても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとゲンキになりました。しかしアラフォーは回復しないのです。良くなってもすぐ元の状態に戻ってしまうことが増えました。確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。小麦色の肌なら、ゲンキで活発なイメージを演出してくれますが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようと思っている女性も少なくありません。

    シミができるのが嫌なら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

    シミ対策で最も需要なのは、日焼け止めをきちんと塗ること、アトは、帰宅してからのケア。

    速やかにローションなどで肌が炎症を起こす前にケアすることです。私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。

    毛細血管は、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大切な通り道であり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。

    喫煙時、吸い込む煙にふくまれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

    このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮に守られているべき真皮も、ダメージをうけて弱り、その働きを弱めます。そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。喫煙は、みずみずしい肌のためにはお勧めすることができません。

    シミやそばかすといった肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)を少しでも目たたなくしたいと思い、ビタミンC誘導体が配合されている美容液を使い始めました。朝晩の洗顔の後で、この美容液を指先に少し広げて、気になる部分に、トントンとなじませていきます。

    使用を続けて一ヶ月ほどで、シミやそばかすが、少し目たたなくなったのが実感できて、幸せな気持ちです。

    気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。たとえば真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。

    乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、肌にダメージを与えているので注意しなければいけません。自分でできる乾燥対策として、潤いが持続するようなケアを、必要な分だけ行なっていく必要があります。外出先の乾燥も気になるので、ミニサイズの間違いトスプレーで水分や有効成分を補ったり、汗をかいたら体の中だけでなく肌にも水分と脂質を補充するなど、保湿中心のスキンケアを行って下さい。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。キメが細かくよく整った肌は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、身体の表面を覆う表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

    表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。煎茶や玉露などの緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCが体内で有効にはたらくようにしています。メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂っていくことで、メラニン色素が沈着し、シミのもとになることを抑える効果を望めます。お顔のシミが気になりはじめたら、とりあえずは、日々のお手入れによって気になるシミを目たたなくしたいと思いますよね。でも、ホームケアだけでは無理な場合にはレーザー等を用いてシミを消す治療法もあります。エステサロンにおいては特殊な光によって、シミ対策を行っている店舗もありますが、美容外科などでは、レーザー治療という形によってシミをきれいに消すことができるのです。素肌年齢を一気に進ませる乾燥は、秋冬だけでなく、時節の変わり目にもやってきます。

    肌が変化に対応していないので、気をつけなければいけません。目の周りは持と持と代謝が低いので要注意です。乾燥の影響を直接うけてシミやシワが出やすいですし、乾燥して過敏になり腫れてしまうこともあるのです。乾燥防止の目薬を使っている人もいるかもしれませんが、肌にも潤いを与えてあげて下さい。

    私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかり行なうことで肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)を未然に予防出来るそうなので、目もとにもオイル(脂質)を使えば効果的です。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、そのときのコンディションによって使い分けるといいでしょう。