Daily Archives: 火曜日, 8月 15, 2017

  • シミのない美肌をつくリ出す

    肌トラブル、特にかゆみの原因は皮膚炎やアトピーであることもよくあります。しかし、肌の乾燥が原因になっていることもよくあるのです。特に日本の冬は乾燥しがちですから、乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。これらを利用すると、かゆくなくなることが多いですが、長引くなら皮膚科で診て貰うことを奨励します。

    柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでシミのない美肌をつくリ出すためにぜひ食べて欲しいものです。

    みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、お肌のためには逆効果になってしまいます。

    美肌効果をねらうのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

    私の母は、顔を朝洗う時、ソープや洗顔フォーム(形や形式、書式などをいいます)を用いません。母が洗顔するときに用いるのは水だけです。母によると、石鹸や洗顔フォーム(形や形式、書式などをいいます)で顔を洗うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説を頻繁に話してくれます。

    そんな母のお肌は65歳に見えないほどつるつるしています。肌のシミが目立ち、取り除きたい場合に有効なのは、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリングと言えます。

    専門機器を使用した治療法の利点としてはただちに効き、短い治療でシミを消すことができるという点です。シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局などで販売しているシミ治療薬を飲むか、ホワイトニング効果のあるハイドロキノンが配合された化粧品が美白ケアに効果的でしょう。前々から感じやすい肌でおおかたメイクをしたことがなかったんですけど、今時は敏感肌用やアレルギー用貼付試験済みの化粧品も伸びてきました。敏感肌でも皮膚に弊害を与えることなく使える下地も増してきて、大変好ましいです。

    多少おしゃれを味わえそうです。ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

    決して楽なものではないファスティングも、きれいになりたい気もちがあるからがんばれたのですが、鏡をよく見てみると、なんだか、顏だけでなくあちらこちらにしわが増えてるように見えます。

    ファスティングダイエットがしわとなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

    ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行ない、日焼けしてしまったら、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行ない、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングに持つながります。ここ最近では、美容に関する家電が普及していて家で簡単にエステ並みのスキンケアができるのがまあまあ嬉しいことです。

    私はエイジングケアがか可能な家電に夢中になっています。若いうちからコツコツとエイジングケアを施していると、2,3年後にはお肌のちがいが表れてくるかもしれない思うので、はりきっています。くすみがちな肌はきちんとしたお肌のお手入れにより気にならないよう取り除くことが可能です乾燥によって現れるくすみの症状は保湿が重要です化粧水だけなどではなく美白効果などがあるクリームも試しに使ってみましょう古くなった角質によって現れるくすみにはピーリングによるお肌のケアが有効です汚れをオフしましたらその後しっかりと保湿などを行なうことによりくすみによる悩みが解消されます美しい肌の秘密をズバリ言うと、肌の水分をどれくらい保つかということです。水分が豊富にあればモチモチ・ピカピカなしっかりとしたハリをもった肌になります。

    水分はケアをしてあげないとすぐになくなります。

    化粧水で肌を思い切り潤したら、十分な量の馬油クリームで膜を作ってあげるのが大事です。